佐竹雅昭vs長井満也

こちらも伝説の一戦!

 

リングスは毎年秋からトーナメントが開催されるのが恒例ですが、記念すべきリングス初回のトーナメントが、この試合が行われた興行でした。

 

MEGA-BATTLE TOURMENT 92の一回戦ですね。

 

 

 

 

 

 

当時の両者の立ち位置を簡潔に説明しますと、佐竹はこの時点で人気度も高いですし、日本勢では前田に次ぐナンバー2の位置にいました。

 

一方長井はその素質を期待されつつも、なかなか結果が出ず、本来ならば佐竹の位置にいるであろう自分への葛藤もあったと思われます。

 

 

またこの頃、それまで蜜月だったリングスと正道会館にやや摩擦が生じていた時期でしたが、しかし業界的にリングスへの注目度は大きく、この時点での日本の格闘技団体では一番メジャーな団体でした。

 

 

一方そういった両団体の摩擦を抜きにして、純粋に佐竹×長井を見た場合、佐竹の方は普通に自信があったと思います。それは試合前も試合中も如実に出ていました。

 

しかし長井の方は終始固い、、悪く言えばずっと緊張しっぱなしの状態で、ある意味メンタルが勝敗を分けてしまったかもしれません。

 

 

例えば一発いい打撃をもらうにしても、向こう意気な状態で受けるのと、気負いのある状態で受けるのとでは、物理的にもダメージは変わってくるものと思われます。そしてこの試合もそういった差は確実にあったと思います。

 

 

 

ただ今思えば、なぜそういった優位な状態で、佐竹がナックルを入れてしまったかということですね。ナックル⇒掌底のカウンターでKOという流れでしたが、別にナックル使わなくても佐竹は勝ってたんじゃないかと思います。

 

ラストは残念でしたが、この当時のリングスとしては珍しく一度も寝技の展開がない試合。非常に緊迫感ある名勝負だったと思います。

このページの先頭へ戻る